のん 映画「この世界の片隅に」舞台挨拶

女優のん(本名:能年玲奈)が11月8日、青山の草月会館で主演声優を務めたアニメ映画「この世界の片隅に」(11月12日公開、片渕須直監督)の舞台挨拶に登壇した。

 片渕須直監督、曲を担当したコトリンゴと笑顔で登場した のん。太平洋戦争時の広島・呉を舞台に、大切なものを失いながらも前を向いて歩いていく女性を描いた作品に、自らを重ね合わせるように「普通に生活するということがすごく幸せなんだぁと。生きるということの大切さ、力強く生きる日は、どんなことがあっても巡ってくるという大切さが伝わる映画です」と、のん独特の雰囲気で話した。

コトリンゴがオープニングテーマ「悲しくてやりきれない」をピアノ演奏とともに歌うと、のんは聴き入り、「コトリンゴさんの歌声に自分自身共鳴していく感じ。気持ちが満たされて涙が出てきます。そんなシーンがあります」と語った。