ミニーマウスの魅力をファッションで表現!ファッションショー“Minnie Mouse Collection 2019”開催!

月々6,300円バナー

ウォルト・ディズニー・ジャパンが11月13日、グローバルで展開しているミニーマウスのプロモーション「Positively Minnie(ポジティブリー・ミニー)」の一環として、ミニーマウスにインスピレーションを受けて、ファッションスクール文化服装学院の学生がデザイン・制作した作品をお披露目するファッションショー“Minnie Mouse Collection 2019”を開催した。

main.jpg

©Disney

 ファッションショー“Minnie Mouse Collection 2019”は日本のみならずアジアにおいてもNo.1の実績があり、世界トップレベルのデザイナーやクリエイターを卒業生として輩出しているファッションスクール・文化服装学院の学生とともに、6月から始動した「Positively Minnie」のファッションプロジェクトの集大成として開催された。

今回のショーのテーマは「一枚のスケッチから始まるストーリー」。ウォルト・ディズニーが一本のペンと紙に描いたスケッチからキャラクターを生み出したように、若きクリエイターである文化服装学院の学生も、一枚の紙にひとりひとりのストーリーを載せ、ミニーにインスピレーションを受けたオリジナリティあふれるデザインを作り上げた。

また会場には事前の抽選によって招待された、ディズニー公式インスタグラムのフォロワーが、ミニーをイメージしたファッションで来場。ミニーのグッズやフォトコーナーも登場し、会場全体がミニーの世界観でいっぱいに。

ショーが始まると、テーマを表現したスケッチブックをイメージしたステージから、デザインから制作まで学生一人一人が手掛けた、世界にたったひとつの作品が、デザイン画とともに次々と披露された。ミニーという一つの表現テーマにもかかわらず、一つとして同じものがない、オリジナリティのあふれる作品が登場するたびに、会場からは大きな歓声が上がった。

ショーの最後には、スぺシャルゲストとしてミニーが登場。観客のみならず、学生たちも大興奮。会場全体が一体となり、ポジティブで明るい雰囲気に包まれた。

本取り組みのほか、今後も「Positively Minnie」を通して、いつも笑顔で元気をくれるミニーマウスの魅力を伝える様々な展開を予定している。

ファッションショーのテーマは「一枚のスケッチから始まるストーリー」

©Disney

 「一枚のスケッチから始まるストーリー」というファッションショーのテーマ。そのテーマにちなみ”スケッチブック”をイメージしてつくられたステージでは、スクリーンにオリジナルのスケッチの画が投影され、実際の作品を着たモデルが登場するという、デジタルとリアルが融合したオリジナリティあふれる演出が行われ、観客を楽しませた。
スケッチブックのページをめくる度に、「アクティブで大胆、自立した女性、お茶目でいたずら好きというミニーの個性すべてを含んだデザイン」や「常に革新的で独創的。気品のあるインパクトを届けてくれるミニーを、マーチングバンドの指揮者であるドラムメジャーをテーマにデザインしました」、「様々なことにチャレンジしてきたミニーをイメージし、リボンも数種類を使用。大きなリボンは背中に配置し、あえて制作の難しい大きさを選びました」など、ミニーからインスピレーションを受けて作り上げられた世界で一つだけの作品が披露され、会場は大きな歓声に包まれた。
また今回参加した学生たちが、プロジェクトを通して感じた想い「生まれた時から存在していて、憧れの存在だったミニー。今回のプロジェクトは人生の大きなチャンス!と思い参加しました!」「思い切って大胆に挑戦する楽しさを実感し、着ていて幸せになる服を作りたいと思っていましたが、見ている人を幸せにする服もステキだなと思いました」なども発表された。

ミニーがサプライズ登場!会場からは大きな歓声が!

sub2.jpg

©Disney

ショーの最後にはスぺシャルゲストとしてミニーが登場。サプライズでの登場に会場は大いに盛り上がった。ミニーは、学生たちが思いを込めて制作した個性豊かな作品に大喜びの様子。また、ミニーがランウェイを歩きポージングを披露すると、一際大きな歓声が上がった。

会場がミニーの世界観でいっぱいに!
当日は、事前の抽選によって招待された、ディズニー公式インスタグラムのフォロワーが、ドットのワンピースや黄色いハイヒール、赤いリボンのアクセサリーなど、ミニーをイメージしたファッションで来場。そしてフォトコーナーではミニーのアイコンであるリボンやハイヒールといったプロップスを手に写真撮影が行われるなど、賑わいを見せた。また、会場にはコスメ、靴、ポーチ、バックなどのミニーグッズが展示され、会場全体がミニーの世界観でいっぱいになりった。

ミニーは、1928年公開の『蒸気船ウィリー』にて、ミッキーマウスとともにスクリーンデビューして以来、これまでに70以上の作品に出演している。ミニーの魅力はスクリーンにとどまらず、大きなリボンや水玉デザインなどをオシャレに着こなすファッションアイコンとして支持されており、これまでに、世界中のアーティストやデザイナーがミニーにインスピレーションを受けた商品等を発表した。さらに、いつも前向きで、家族や友だちを大事にする優しい性格などが、女性を中心に世代を超えて多くの人々に愛されており、2018年にはスクリーンデビュー90周年を祝して、スターの殿堂「ハリウッド・ウォーク・オブ・フェーム」に名を連ねた。

月々6,300円バナー
参加チケット購入_趣味コン

イベントレポート