稲垣吾郎・宮野真守・松岡茉優ら豪華ゲストが華やかに彩る『東京国際映画祭レッドカーペット』

10月25日、六本木ヒルズアリーナでアジア最大級の映画祭「第31回東京国際映画祭」オープニングイベントのレッドカーペットが行われた。

今年で31回目を迎えた同映画祭は、10月25日から11月3日の10日間に渡って国内外の映画人、映画ファンが新たな才能とその感動に出会い、交流する場を提供すべく世界中から集まった映画を上映。「映画を観る喜びの共有」「映画人たちの交流の促進」「映画の未来の開拓」をビジョンに掲げ、六本木ヒルズを中心に展開。「コンペティション部門」をメインに、「ワールド・フォーカス」「Japan Now」などの企画上映を行う。

この日行われたレッドカーペットには、薄いピンク色のドレスで登場した今年のアンバサダーを務める松岡茉優をはじめとする俳優陣が美しいドレスや着物など思い思いの衣装でレッドカーペットを彩り、集まったファンを魅了した。1番手に登場したアンバサダーの松岡さんはアンバサダーに任命されたことを「とても光栄です。とても楽しい時間に致しましょう」と笑顔で語った。

その後、松井玲奈さん、山本舞香さん、広瀬アリスさん、深川麻衣さんなどの女優が続き、福士蒼汰さんら俳優陣も登場。海外女優や俳優も登場した。

そして、コンペティション部門に出品されている映画「半世界」(2019年2月公開)から、稲垣吾郎さん、長谷川博己さん、池脇千鶴さんらが出席。ひときわ大きく湧き上がった歓声に迎えられ壇上に立った稲垣さんは、「映画祭のレッドカーペットを歩くのは初めてだったので、新鮮な気持ちでした」と目を輝かせ、「監督、キャストの皆様と気持ちのこもった素晴らしいものができましたので、ぜひ皆さんに楽しんでいただきたいと思います」と「半世界」をアピールした。

第31回東京国際映画祭は11月3日まで開催中