乃木坂46・3期生が大トリ『TOKYO IDOL FESTIVAL 2017』

 乃木坂46の3期生が8月6日、お台場周辺で開催された世界最大のアイドルイベント『TOKYO IDOL FESTIVAL 2017』(以下、TIF2017)に出演。3日間行われたTIF2017のメインステージで大トリを務めた。6曲目の終わりにはサプライズで白石麻衣さん、西野七瀬さんら選抜メンバーが応援にかけつけた(https://apress.jp/archives/380)。

乃木坂46の3期生は、18枚目シングル『逃げ水』のセンターを大園桃子さんと与田祐希さんがWセンターを務め、久保史緒里さんが人気女性ファッション誌『Seventeen』(集英社)専属モデルに決まるなど大活躍中。その3期生のライブを観ようと会場は超満員に。OVERTUREがかかると会場のボルテージが一気に上がり大歓声のなか3期生が登場した。

1曲目に『命は美しい』、2曲目に『制服のマネキン』を歌い上げるとMCに。伊藤理々杏さんが「盛り上がってますかー?盛り上がってますね。熱中症に気をつけながら楽しんでいってください」と挨拶。「みなさんを精一杯楽しませるためにがんばりたいと思います」と意気込みを語った。アイドルが好きと明かした山下美月さんは「TOKYO IDOL FESTIVALのステージに憧れていたので私の夢がまた1つ叶いました」と告白した。

伊藤さんが再び話すと、さらに盛り上げるため「曲の中でタオルを掲げる曲があるんですけど、ファンじゃない方もぜひ他のアイドルグループさんのタオルも一緒に掲げてください」とお願い。「私たちが『ヘイ!』と言ったらタオルを上に掲げてください。準備はいいですか?『ヘイ!』」と掛け声をかけると、会場中にタオルが上がり一体感が生まれた。

3曲目に『未来の答え』、4曲目に『裸足でsummer』、5曲目に『夏のFree&Easy』、6曲目に『思い出ファースト』を歌うと、白石さん、西野さんら選抜メンバーが応援にかけつけ、サプライズの登場に大歓声が沸き起こった。7曲目『ガールズルール』と8曲目『ひと夏の長さより』を選抜メンバーを中心に歌い上げると降板。最後の曲は3期生初の楽曲『三番目の風』を披露し、大歓声の中熱いステージを締めくくった。

グランドフィナーレでは、梅澤美波さんが「『三番目の風』は私たちが初めて頂いた一生心に残る楽曲です」と想いを語ると、大盛り上がりに終わったTIF2017も一生の思い出になりましたと満面の笑みで感想を述べ、3日間行われたTIF2017が大歓声のグランドフィナーレで幕を閉じた。

【セットリスト】

1.命は美しい

2.制服のマネキン

3.未来の答え

4.裸足でsummer

5.夏のFree&Easy

6.思い出ファースト

7.ガールズルール

8.ひと夏の長さより

9.三番目の風