俳優・声優として活躍する相葉裕樹が30歳記念の写真集発売記念イベントを開催!

俳優・声優として活動している相葉裕樹さんが30歳を記念した写真集『TRENTE HIROKI AIBA PHOTO BOOK』(東京ニュース通信社刊)を9月28日に発売。11月5日に行った写真集発売イベントに出席した。

10月1日に30歳を迎えた相葉さん。撮影は30歳を目前にひかえた29歳の夏に実行し、宮崎県・高千穂でのロケや相葉さんが描くアートなどが収録されており、相葉裕樹の20代、そして30代への魅力が存分に楽しめる一冊に仕上がっている。
main
――イベントを終えての感想は?

イベントには顔なじみの方や10月中旬まで出演していた『レ・ミゼラブル』を観てファンになってくださった方も来てくださいました。10月にバースデーイベントでファンの方と触れ合う機会もありましたが、また皆様にお会いすることができて嬉しかったです。

――今回は写真集『TRENTE HIROKI AIBA PHOTO BOOK』発売記念のイベントでしたが、写真集はどんな一冊に仕上がっていましたか?

30歳を記念して『TRENTE』という題名にしたのですが、何年か経って見返した時に「こういう表情や顔をしていたんだな」色々な思いが残る作品にしたかったので、表紙もモードな雰囲気を出していて、部屋に置いていても邪魔にならないもので、インテリアとしても成立できるように、紙質やサイズ、フォントにもこだわっています。

――『TRENTE(トラント)』はフランス語で「30」という意味ですが、これに込められた意図はあるのでしょうか?

単純に英語だと面白くないなと思ったんです(笑)。始めて手にした時に「TRENTEって何だろう?」とフックになったらいいなと思って。調べた時に「あ、そういう意味だったんだ」と記憶に残ってもらえたら嬉しいですね。僕のなかでフランス=お洒落というイメージがあったのでこのタイトルになりました。写真も真っ白な衣装を着ているもの、宮崎の高千穂での自然に囲まれた写真、最後はアートを描いているものとバリエーションがある内容に仕上がっているので、楽しんでいただけるんじゃないかと思います。
sub1
■『Prism』と『TRENTE』に残る20代の姿

――高千穂でのロケは相葉さんが希望されたんですか?

これは僕発信ではないんですけど、撮影の前に「高千穂がいいよ!」という案をいただいて、決まりました。

――そうだったのですね。実際に高千穂に行かれてみていかがでしたか?

とても気持ちの良いところで、パワースポットと呼ばれるだけあり、景色もとても綺麗でしたし、普段だったらあまり行かないような場所なので、写真集の撮影で行けて良かったです。

――表紙のモードな雰囲気と高千穂の豊かな自然とのギャップがあるのも魅力。

そうなんです!表紙からは想像ができないくらい、自然が広がっているので。そこも楽しんでもらえたらと思います。

――高千穂での撮影で思い出に残っていることはありますか?

高千穂で着物のような衣装を着て川に入ったことがとても印象に残っていますね。撮影でもない限り川に入ることもないので。撮影は暑い時期で、ずっと汗をかいていたので、川の涼しさが丁度良かったです。

――宮崎での撮影の期間は美味しいものを食べたり、観光したりする時間はあったんですか?

それが出来なかったんですよ~!1泊2日での撮影だったので、撮影の日の夜は焼肉を食べました(笑)。マンゴーとか食べたかったんですけど、時間がなかったので。でも合間にマンゴーのカキ氷は食べました。

――涼しげでいいですね!相葉さんは2009年に1st写真集『Prism』(学習研究社刊)を出しています。今回の写真集と比べてみると、また両作の魅力が楽しめそうですね。

『Prism』は今見ても1st感がある写真集ですよね。21歳の頃に撮影したものなので、まだ少年の部分もあって、まだまだ子どもだなと(笑)。そこから約8年が経って、30歳になって発売した今回の写真集。撮影したのは29歳で「20代最後を残す」という記念の写真集でもあるので、『Prism』と『TRENTE』での差も楽しめるかもしれませんね。表情が全然違うと思いますし、面白いと思います。

――イベントでは相葉さんが描いた作品が展示されていましたが、どういったテーマで描かれたのですか?

実は1時間半程しか時間がなかったので勢いで描いたものなんです。ノンストップで描いたので、描いている最中は考えるというよりもひたすら筆を走らせていましたね。とりあえず真ん中に丸を描いて始めようと思ったときに、この丸は太陽だと思ったんです。太陽だったら宇宙だなと思い、そこから30も入れよう……と描きながら感覚的に広げていきました。僕は感覚的に描くことが多くて、「これを描こう」と思うと描けないことが多いんです。

――例えば「30歳の自分をイメージした絵を描いて」というお題を出されると……

それはもうヤバいですね(笑)。自由に描いたほうが結果的に納得するものができるような気がします。自分でも不思議なんですけど、決まったものを描いてだと全然ですね。

――そういう感覚的なことってお芝居とも共通しますか?

感覚的なところはあるかもしれないですね。もちろん考えて演じてはいるんですけど、お芝居は感覚的なところが大きいですし、あまり計算せずに演じることができたらいいなと思います。型にはめないことで予想だにしないものが出来るんじゃないか、届けられるんじゃないかなと。考えてやることは当たり前なことで、誰にでもできる。そうじゃない感性の部分で勝負していかないといけないなと思います。

――30歳を迎えられて活躍の場もますます広がることと思います。今後、相葉さんがやりたいことや目標となることはありますか?

まずは今いただいている仕事をきちんとやること。「良いものを届け続けようという思いをなくさないようにしなければいけない」と思ってずっとやってきたので、今後もその思いで役や作品と向き合って届けることが次に繋がると思っています。そして、もっともっと上のステージへ行けるように努力し走り続けていきたいと思います。

――走り続けるなかである種「慣れ」のようなものを感じることなく、初志貫徹で前だけを見続けている。

慣れないですね。もちろん舞台に対して慣れることはあるのですが、それでかまけてしまうようでは続かなくて。テクニック的なことは同じルーティンを繰り替えすことで体は慣れてくるんですけど、そうではなく心の持ちようというか、作品に対する思いはずっと持っていないと、出来る範囲のことしかやらなくなってしまう。自分のキャパシティや技術よりも上のことが要求される舞台に出続けたいなと思います。

■小学生時代の相葉さんの作風は「シュールなギャグ漫画」

今回は書店でイベントが行われたということで、相葉さんが好きな本や漫画があれば教えてください。

相葉:少年誌で言うと『ドラゴンボール』や『SLAM DUNK』、『明日のジョー』とかですかね。あとは『マクロスF(フロンティア)』も好きです。

――確かランカちゃんが好きなんですよね?

そんなことばっかり言っていましたよね(笑)。シェリルかランカで言うとランカ派でした!『マクロスF』は今聴いても曲が良い。なかなか自分のなかで超えられる作品がないですね。僕は曲が先行して残っているので、聴くとワクワクするし、当時のことを思い出します。この頃は丁度『侍戦隊シンケンジャー』をやっていた時期なので、その時のことがふっと蘇ってたまらないですね。町で流れていたりすると一気に『侍戦隊シンケンジャー』の撮影や当時の自分のことが頭にフラッシュバックして、センチメンタルな気分になります(笑)。

あとは、うすた京介先生の漫画が好きで『セクシーコマンドー外伝すごいよ!!マサルさん』『ピューと吹く!ジャガー』も読んでいましたね。小学生時代は『浦安鉄筋家族』ばっかり読んでいました。基本的にシュールなギャグ漫画が好きで、小学生の時は自分で漫画を描いたりしていたんです。作風はギャグ漫画のノリもありつつ、『地獄甲子園』も読んでいたのでちょっとだけグロテスクな要素もあったり。

――小学生時代の相葉さんが描いた漫画、とても気になります!

けっこう前に小学校の時に描いた漫画をTwitterにアップしているんですけど、全く意味が分からないと思います(笑)。実家に帰った時に机の引き出しに小学生の時の自由帳が入っていたんですけど、ページを開いたらずっと汗をかいている人が、「一度きりの人生、楽しんでくださいね」と意味ありげなことを言っているんですよ。なんか説明できないくらいシュールで(笑)。本当に変な画ばかり描いていましたね。

――是非とも拝見させていただきます(笑)。最後に読者に向けてメッセージをお願いします。

相葉裕樹30歳を記念した写真集が発売になりました。最近ファンになってくださった方、昔ファンでいてくれた方、ずっと応援してくださっている方、一度手に取って見ていただけたらと思いますので、よろしくお願いします!

――ありがとうございました!
[取材・文章/河内香奈子]
sub2
■商品情報
相葉裕樹フォトブック『TRENTE HIROKI AIBA PHOTO BOOK』
・発売日:2017年9月28 日(木)
・定価:3,456円(税込)
・判型:B4/96ページ/メイキングDVD1枚綴込付録付き
・発売:東京ニュース通信社
【TOKYONEWS magazine&mook】http://zasshi.tv/