欅坂46 土生瑞穂「声優にも興味があるので、すぐ死んじゃう役でも、、」声優挑戦へ意欲

 欅坂46の土生瑞穂さんが3月5日、ベルサール秋葉原で行われた公開中のアニメ映画「劇場版 ソードアート・オンライン オーディナル・スケール」とコラボしたサイバーセキュリティ月間普及啓発イベント「サイバー攻撃を目撃せよ!2017」に、同作品の原作者の川原さん・伊藤監督・足立総作画監督と登壇した。

 高校生の頃から同作品の大ファンだという土生さんは、「すごい緊張します。大好きなソードアート・オンライン。すごい見ていたので、憧れのお三方にお会いできて、本当に嬉しいです」と心境を語った。また、作品の魅力を、「現実世界では行われていないバトルもすごい好きで、迫力もあって、絵も素敵で、見ていました」と語った。

 「劇場版 ソードアート・オンライン オーディナル・スケール」を観たという土生さんは、「話したいことがたくさんあるんですけど、笑いもあり、涙もありで、風景もリアルな感じで素敵で。この現実世界で本当にバトルが行われているんじゃないかって思うくらい素敵でしたね。ほんとにファンの方の期待を裏切らない作品になっていると思うので、ぜひみなさんも劇場の大きなスクリーンで観ていただきたいなって思いました」と、PRした。

 スマホの乗っ取り被害の実演イベントに移ると、なかなか不正アプリがダウンロードできないというアクシデントが。「土生さんのセキュリティーが高かったんですね」との言葉に会場中が笑いが包まれた。

 無事に?不正アプリがダウンロードされ、スマホが乗っ取られると、勝手に電話をかけたり、カメラが音も立てずに撮影。アドレス帳も筒抜けになるとの説明を受け「怖ーい」と土生さんが声を上げていた。スマホ乗っ取りを体験した土生さんは、「ダウンロードがなかなかできなかったので、自分は安全なのかなって思ったんですけど(笑)ゲームとかたくさんするので、普段からちゃんと気をつけようって思いました」と、注意を呼びかけた。

 イベントの最後には、土生さんが「声優さんとかも少し興味があるので、ぜひよかったら、すぐ死んじゃう役でも」と声優挑戦への意欲も見せた。