平野紫耀が初単独表紙&弘中綾香の仕事論『with5月号』

King & Princeの平野紫耀さんが『with5月号』で初の単独表紙を飾った。

今まで何度もwith誌面に登場していた平野さんが満を待してソロでカバーボーイとして登場。今回は、どこか懐かしくて、オシャレで、時代を問わず愛されるような東海岸のアイビーリーグの大学に通う、そんな雰囲気の好青年を演じている。

こだわりのシューティングでは、ブレザーやデニムなどオーセンティックなスタイルを纏い決めた表紙に、黒いTシャツから伸びる鍛えられた腕、ゆるいセーターとスウェットパンツを履いてベッドに横たわるアンニュイな姿、牛乳を片手にやんちゃに微笑む様子、庭にぼんやり佇む姿、部屋で着替えをしている様子を一挙手一投足おった連続写真では、ストーリー性とともに、その美しいシックスパックや綺麗な背筋を見せている。

sub1.jpg

さらに、12Pの大ボリュームでお届けする平野紫耀特大企画は見所が満載

撮影中、あまりにも体が仕上がっているので、どんなトレーニングをされているのですか?という質問に、「特に、何にも特別なトレーニングはしていないんですよ。本当です(笑)」驚きの返事。しかし、さすがな仕上がりっぷりは誌面をチェック。

さらに、写真だけでなくwith恒例の超ロングインタビューに加え、面白おかしい平野さんらしさがたっぷりと感じられる23の質問コーナーなど読み応えも十分だ。

自然体を貫くことで愛される弘中綾香さんの仕事論とは

アナウンサーとして表舞台に立つ一方で、「会社員」でもある弘中綾香アナ。華々しい活躍の裏には、with読者の多くと同じ働く女性としての苦労もあるはず。そんな弘中アナに、無駄なストレスを貯めない仕事術をインタビュー掲載。

いつお会いしても自然体な弘中アナ。愛らしい見た目とは裏腹に(?)今回も、「そういえばなんでだろう?」な会社の古い慣習などの、with世代の働く女子が抱えるもやもやにスパッと切り込んでくれた。自由な振る舞いで愛されるのは、地に足がついているからこそ。弘中アナ的、「気疲れ知らずな仕事論」参考になります。

sub3.jpg

このほか、ジェジュンさんとマットさんによる奇跡のコラボや、『五等分の花嫁』×withオリジナルステッカーが特別付録に。『with5月号』は3月28日発売。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

with (ウィズ) 2020年 05月号 [雑誌]
価格:699円(税込、送料無料) (2020/3/26時点)


楽天で購入

 

 

 

イベントレポート