香取慎吾が『VOGUE JAPAN』初登場!100の質問でプライベートな一面披露

月々6,300円バナー
本日発売の世界で最も影響力のある女性ファッション誌『VOGUE』の日本版『VOGUE JAPAN』8月号に香取慎吾さんが登場する。2017年9月に新たなスタートを切ってから、アーティストとしての人生を自由に生きている香取さんが、プラダやジル・サンダーのシャツを身に纏い、憂いを纏った“大人”な表情をヴォーグだけに見せた。
あわせて『VOGUE JAPAN』の公式ウェブサイトでは、撮影の裏側やオフショットを公開中。本誌と一緒にお楽しみできる。https://www.vogue.co.jp/lifestyle/culture/2019-06-28/katori-shingo
main.jpg

また、独占インタビューでは、ミステリアスな香取さんに近づくため100の質問を敢行。本日公開される主演を務める映画『凪待ち』の現場についてから、「新しい地図」を立ち上げた後の日常の変化やプライベートまでを赤裸々に語った。

以下インタビューより抜粋:
―今、幸せですか?
「めっちゃ幸せです」
―その理由は?
「先が見えないで踏み出したときに比べると、笑ってる日が多いから」
―自分のことは好きですか?
「大好きですね。すごくがんばっていると思うから」

sub1.jpg

VOGUE JAPAN 2019年8月号 Photo: Luigi & Iango © 2019 Condé Nast Japan. All rights reserved.

そのほか、「THE NEW REALITY(新しいリアル)」をテーマに、インフルエンサーの定義や実態、美容室やエステ、食などの定額制サービス、リュクスなシェア・レンタルサービスをはじめとする新しいライフスタイルを徹底特集しました。今月の表紙を飾ったのは、リアリティ番組でその名を有名にした世界規模のインフルエンサー、キム・カーダシアン・ウエスト。インスタグラムで1億4200万人以上のフォロワーを抱え、セレブ、ファッションアイコン、実業家として注目を集める彼女が、表紙とファッションストーリーで洗練されたキャンプ※の美学を表現します。特別付録は、今、現代美術界で最も注目されるアーティストのKAWSによるポストカード。

※キャンプ: スーザン・ソンタグが論考した「不自然なもの、人工的で誇張されたもの」を意味する美学のこと。今年のNYのメトロポリタン美術館(通称:MET)のコスチューム・インスティテュートにて、開催されているテーマでもある。毎年公開日前に開催されるガラディナー(MET GALA)では、アメリカ版『Vogue』の編集長アナ・ウィンターが主催者を務める。

【VOGUE JAPAN】
1892年に米国で創刊し、現在24の国と地域で発行される、世界で最も影響力のあるファッション誌『VOGUE』の日本版として、1999年7月に創刊し、今年創刊20周年を迎える。世界のトップフォトグラファーとのコラボレーションによる美しいヴィジュアルが誌面を飾り、最新のファッションとビューティーの情報から文化・社会的なトレンドまで、洗練された“ヴォーグの世界”を展開。時代に影響を与えた各界の女性たちを毎年年末に表彰する「VOGUE JAPAN Women of the Year」も好評。
https://www.vogue.co.jp/
参加チケット購入_趣味コン

イベントレポート