生まれ変わった新型ポルシェ911 、7月5日発売!

月々6,300円バナー

sub3

新型ポルシェ911が7月5日から全国のポルシェ正規販売店で発売する。

911は時代を越えて進化し続けるスポーツカーのアイコン。1963年に初代が誕生してから半世紀あまりを経て8世代目に生まれ変わった。最新の911が長い歳月をかけて磨かれた価値と、世代を越えて認められる価値を兼ね備えている証明といえる。
main

911はメカニズムとテクノロジーの本質を理解し、その可能性を信じる技術者と職人が魂を込めて作り上げたスポーツカー。優れた信頼性と耐久性、ボディの圧倒的な剛性感、安心感に溢れる走行性能などは、ポルシェが長年掛けて培った信念を反映したもの。そのうえで、新型ポルシェ911ではいつでも快適に使える実用性とスポーツカーを操る喜びをさらに高い次元で両立した。
生まれ変わった新型ポルシェ911には以下のような特徴を兼ね揃える。

sub5.jpg

■道を選ばない“高性能”
新型ポルシェ911の最大の特徴は、市街地、高速道路、ワインディングロード、そしてサーキットに至るまで、どんな道でも安心かつ快適にスポーツカーの走りが楽しめること。これを実現するため、従来は一部モデルだけだったワイドボディを全モデルに採用し、後輪のトレッド(左右輪の間隔)を拡大して安定性を高めた。これとバランスをとるために前輪のトレッドも全モデルで拡大。くわえてリアホイールを大径化し、4輪が路面を捉える能力を格段に向上させ、道路や天候に左右されにくい安定したロードホールディングを実現した。

sub4.jpg


また、スポーツカーらしい走りを損なわないため、ボディにアルミなどを多用して軽量化を図り、サイズ拡大に伴う重量増を相殺。ボディ単体重量を先代より12kg軽い240kgとするいっぽうで、ボディの曲げ剛性とねじれ剛性はいずれも5%向上している。さらにリアスポイラーを始めとする空力パーツを電子制御式とし、走行安定性と燃費のバランスを最適化した。

排気量3.0ℓの水平対向6気筒エンジンも最適化された。ターボチャージャーを大型化して過給圧を高めたほか、吸排気系の効率を高めることで450ps/6500rpmの最高出力と530Nm/2300-5000rpmの最大トルクを達成。これは従来型を30psと30Nm上回るものになった。加えて優れたパフォーマンスと効率を余すところなく引き出すために、新エンジンの出力特性に最適化した8速デュアルクラッチトランスミッション(PDK)を初めて採用した。

sub6.jpg


■安全運転支援システムなどの先進機能も充実
新型ポルシェ911は世界で初めて新開発のウェットモードを標準装備します。この機能は路面の水を検知し、それに基づいてコントロールシステムを調整してドライバーに知らせます。また衝突被害軽減ブレーキや自動再発進機能付きアダプティブクルーズコントロールなどの先進安全運転支援システムを数多く用意しました。さらにはレーンキープアシストも設定することで長距離ドライブに伴う疲労を大幅に軽減し、安全性の向上に寄与します。84素子のLEDを用いたマトリックスLEDヘッドライトは周囲のドライバーを眩惑させることなく、より広い範囲をより明るく照らし出すことができます。

コネクテッド機能のPorsche Connectもさらに進化しました。お手持ちのスマートフォンを通じてドアの施錠状態や駐車位置を確認できるほか、ナビゲーションシステム、エアコン、オーディオなどを音声で操作できるボイスコントロールも充実。また、万一の事故や故障の際にワンタッチでポルシェ アシスタンスに接続できる機能も搭載しました。

sub2.jpg


■より洗練された“911スタイル”
誰が見てもひと目で911とわかるエクステリアデザインも半世紀余りにわたって受け継がれてきたDNAのひとつ。新型では、曲線や直線をよりシンプルに表現するいっぽう、ワイドなボディを力強い造形で包み込むことで、存在感溢れるスタイリングを生み出した。インテリアでは1970年代の911をモチーフとした水平基調でよりワイドな印象が強まったダッシュボードを採用。その中央に10.9インチの大型モニターを据えたほか、メーターパネルもセンターのタコメーター以外はデジタル化することで、ドライバー中心の思想を守りつつ先進性を採り入れた。

■ 新型911ラインナップ希望小売価格

sub1
Ucar査定

参加チケット購入_趣味コン

イベントレポート